アトピーの原因は?かゆみや湿疹を改善する方法を紹介


子供の頃にアトピー、その中でも特に多い「アトピー性皮膚炎」に悩まされた方は非常に多いのではないでしょうか。また、大人になってからもアトピーに悩まされている人は少なくありません。

なぜアトピーが起きてしまうのか、日常的に予防・改善する方法はないのか。調べてみました。

アトピーの原因は体質と環境の2種類に分けられる

アトピーと言えば、思いつくのは「皮膚のかゆみ」と「湿疹」です。その湿疹の種類も、ブツブツと盛り上がりのあるもの、水分が多いジクジクとしたものなどがあります。

アトピーができる場所は個人差がかなりありますが、耳回りや首回り、関節の付け根などに多くみられるようです。その発生原因が完全には解明されていないのですが、その要因は「体質的な要因」と「環境的な要因」とが組み合わされることによって起こると考えられています。

この2つの要因を、もう少し詳しく見ていきましょう。

体質的な原因

・家族や本人に、アレルギー性の病気がある(喘息や結膜炎など)
・アレルゲン(アレルギーを起こす原因となる物質)に対する反応過剰を起こしやすい体質を持っている
・皮膚のバリア機能が低下している

環境的な要因


・アレルゲン…ダニ、ホコリ、カビ、花粉、食べ物など
・アレルゲン以外…衣類の摩擦、乾燥、汗、洗剤など
・過労によるストレス、寝不足、不眠など

体質的な要因で紹介している「皮膚のバリア機能」ですが、本来皮膚というのはもっとも体の外側に位置する「角層」という部分で、アレルゲンや微生物を弾くことができます。

しかし、上にあげた理由でこのバリア機能が低下すると、微生物が中に入ってしまうことに。そうすると、体内にある免疫細胞が集まり、この微生物を一斉に攻撃し始めます。

本来起こらないはずの免疫細胞の過剰な働きが炎症を起こしてしまうのです。また、角層の減った皮膚はかゆみを起こしやすくなります。そこで皮膚をかいてしまうことで、さらに角層の状態が悪化してしまうという悪循環が起きてしまいます。

アトピーを防ぐ方法は?


アトピーが発生してしまっている方は、医師の治療が不可欠です。その上で、今後さらにアトピーが悪化しないように、次のような習慣を持つことが重要とされています。

・アレルゲンをこまめに取り除ける環境を作る

アトピーはいわば体のアレルギー反応が原因です。そのため、アレルゲンとなりうるホコリ、ダニなどをこまめに取り除く必要があります。

毎日の掃除はもちろんですが、家具の上、カーテン、エアコンフィルター、カーペットや寝具なども、一定期間を設けて掃除・清浄をするようにしましょう。

・肌を清潔にして、保湿対策をしっかりとる

一般的に、アトピーの方は皮膚が乾燥しやすく、それがバリア機能の低下に繋がっています。これを防ぐには、日々の「スキンケア」が不可欠です。

重要なのは、「肌を清潔に保つこと」と「保湿すること」の2つ。ボディソープはしっかりとあわ立てて、指の腹を使って優しく洗います。そしてソープが体に残らないようしっかりと洗い流しましょう。

シャワー・お風呂の後は、保湿剤をたっぷり使うようにします。保湿剤は1日1回ではなく、1日数回などの頻度で使用するのもオススメです。

プラセンタにはアトピー改善効果がある?

プラセンタサプリを使用している方の中には、「アトピーが改善した」という効果を実感される方がいます。

プラセンタには新陳代謝を高める効果があり、それが新しい皮膚を作るサイクルを早めてくれると言います。この効果で、アトピーが軽くなるということがあるようです。

プラセンタにはそれ以外にも多くの健康・美容効果があるので、アトピーに悩まされている方は、一度試してみてはいかがでしょうか?