PMSってなに?症状と原因、セルフケアの方法


生理前になるといつも頭痛やイライラしがち。そんな体調不良を頻繁に感じる方は、もしかしたら「PMS=月経前症候群」かもしれません。

PMSの症状やその原因、自分でもできるセルフケアの方法を紹介します!

PMSでよく起こる症状とは?


PMS=月経前症候群は一般に生理が始まる2週間前から起こり、体と心両方に多くの不調を感じるのが特徴です。

その症状は、細かく分けるとなんと200種類以上もあると言われています。その中でも代表的な不調は、次のようなものです。

・眠気(あるいは不眠)

・便秘(あるいは下痢)

・頭痛

・吐き気

・興奮する、イライラする

・集中力がなくなり無気力になる

・不安感に襲われる

こうした症状は生理が始まるのに合わせて自然と軽くなったりなくなったりします。

PMSの原因は?


PMSは症状が起こる時期はわかっているものの、はっきりとした原因はまだわかっていません。

現在考えられているのは「ホルモンバランスの変化」です。

PMSが起こる生理の2週間前は、ちょうど排卵期と重なります。

この時、女性らしい体をつくるのに働く卵胞ホルモンと、妊娠に関する体の機能を整える黄体ホルモンの分泌量に変化が起こります。

卵胞ホルモンは自律神経や脳の働きに、黄体ホルモンは体水分量、食欲などにそれぞれ影響を与えます。

2つのホルモンバランスが急に増減をするため、体の機能調整がうまくいかず、結果として体調不良を起こすと考えられているのです。

PMSが悪化しやすい人の3つの特徴

PMSの原因の1つと考えられているホルモンバランスの変化以外に、PMSの症状が悪化しやすい人にはいくつかの特徴があると言われています。代表的なのは、次の3種類です。

①ハードワークな仕事をしていたり、人間関係にトラブルを抱えているなど、ストレスを強く感じる環境にいる方

②何事にも真面目に取り組み、細部にまでこだわる几帳面な方、1つの失敗を引きずりがちな方、辛いことが起きても我慢してしまう方

③お酒、タバコなどの嗜好品が大好きで、毎日大量に飲酒、喫煙をしている方

PMS改善の4つのセルフケア

PMSはホルモンバランスと生活習慣の両面で症状が悪化します。そこで、日頃次のような習慣を持つことで、PMSのセルフケアが可能です。

①バランスの良い食事や栄養補給


甘いものだけやジャンクフードばかりの生活ではなく、野菜、魚介類、きのこ類など様々な食材を摂取して体に必要な栄養を補給することが大切です。

足りない栄養を補うために、サプリメントを摂取することもオススメです。中にはプラセンタのようにホルモンバランスを整える効果もあるので、栄養補給とホルモンバランス調整両方の意味でも有効と言えるでしょう。

②ストレッチや運動で体を整える


ストレッチ、ウォーキングなどの運動は血流を改善し、自律神経を整えるなど高いリフレッシュ効果があります。また、骨盤の歪みはホルモンバランスの乱れにも通じるので、ストレッチやヨガ、あるいはお店でマッサージを受けて体の歪みを整えてもらうのも有効です。

③十分な休息と無理のない生活


38度ほどのぬるま湯で半身浴を行う、生活リズムを整えてしっかりと睡眠を取ることで、ホルモンバランスを整えてリラックスできます。

仕事上でも、自分を追い込んでしまいがちな方は他人に甘えたり、無理をしないという言葉を念頭に置くことで、過度なストレスを避けるようにしましょう。

ライフサイクルを理解しながら楽しい生活を

女性にとって、生理によるライフサイクルは避けられないことでもあります。食事やサプリメント、日々の生活を通じて、少しでも気持ちいい生活を送れるようにしたいですね。