更年期障害の原因と症状とは?5つのセルフケア方法も紹介


女性にとって避けて通れない悩ましい「更年期障害」。更年期で起こりやすい様々なトラブルの総称であるこの症候群には、なぜ起きてしまうのでしょうか?

更年期障害の症状やその原因、セルフケアのための習慣をまとめました。

更年期障害の主な症状

更年期というのは女性にとって閉経の前後にある期間を指し、更年期障害はこの時期に起こる自律神経失調症の1つでもあります。

年齢的には50歳前後に起こりやすく、実際には次のような症状が起こりやすいです。

・体がだるく、倦怠感がある

・めまいやふらつきが起こる

・頭痛がする

・冷え性

・急に太った(急に痩せた)

・多汗

・頻尿や尿もれが起こる

・抜け毛が多くなった、あるいは薄毛気味になった

・脈が早まったり、動悸が激しくなったりする、胸が痛くなる

・イライラや不安感が収まらず、不眠気味

症状の程度ですが、特に気にならない程度の方から、日常生活を送るのさえ辛い方まで、非常に個人差があります。

更年期障害の原因は「エストロゲン減少」にあった

閉経前後に起こる更年期障害は、女性ホルモンの減少から起こります。

女性ホルモンであるエストロゲンは、8歳頃から分泌をはじめ、30代頃にそのピークを迎えます。そして、卵巣の機能低下でその分泌量が減少するのですが、40代半ば頃で減少量が急激に多くなります。

その変化に体がついていけず、様々な症状が起こってしまうのです。

最近増えている「若年性更年期障害」や「男性の更年期障害」

近年、30代でも更年期特有の症状に悩まされる「若年性更年期障害」の方が増えています。日々のストレスや無理なダイエット、不規則な生活習慣により、卵巣の機能が低下してしまうことが原因です。

また、もともと更年期障害には関係ないと考えられていた男性にも、更年期やそれに伴う更年期障害の存在が認識されるようになりました。

男性の更年期も40代半ば頃に起こりやすい傾向にあります。男性ホルモンであるテストステロンが減少してしまうことがその原因です。

更年期障害をセルフケアする5つの方法

更年期障害の症状に対するセルフケアには、次の5つが挙げられます。

①適度な運動をおこなう


更年期では、骨密度が低下しやすくなります。体を刺激するために、ウォーキングや水泳など、習慣的に続けられる運動を取り入れましょう。
また、太陽の光を浴びるとセロトニンが分泌され、自律神経のバランスを整えてくれます。日光浴で軽い運動をするのがオススメです。

②食生活を見直す


食習慣の見直しも重要です。ジャンクフード、あるいはお肉ばかりを食べている方は、魚介類や豆類(納豆や豆腐など)、野菜を取り入れることで栄養をしっかり摂取することが重要です。

③質の良い睡眠をおこなう

更年期障害では自律神経のバランスが狂い、不眠に悩まされる方も多いです。質の良い睡眠には、体をリラックス状態に向かわせる交感神経を優位にする必要があります。カーテンなどでなるべく部屋を暗くする、アイマスクをする、アロマをたく、枕を変えるなどの工夫をしてみましょう。

④喫煙を控える


年齢と共に現象するエストロゲンは、喫煙によってさらに減少してしまいます。現在喫煙習慣がある方は、すぐに禁煙を考えた方がいいでしょう。

⑤サプリメントを活用する


自律神経を整えてくれる栄養が含まれたサプリメントを活用するのもオススメです。中でもプラセンタは実際の更年期障害の治療にも活用されているほど、その効果が実証されています。

セルフケアを通じて、上手に年齢を重ねていく

更年期障害は年齢を重ねる上で避けて通れないものです。セルフケアの方法や病院を活用しながら、これらの症状とうまく付き合っていきましょう。