プラセンタ ランキング

月度 ランキング
月度 ランキング

こだわり条件:
プラセンタ含有量(原末換算/1粒あたり):
1日摂取粒数(メーカー推奨):
初回価格:
1日あたり価格:

一番人気のキレイ・デ・プラセンタは、30代〜50代の女性支持ナンバーワン!1粒で理想に近づけると話題のスーパープレミアムプラセンタ!



多くの美魔女が使うこのAGEST!キレイを維持するためにはこれしかない!


発酵させることで有用成分がアップ!さらにスーパープレミアムプラセンタにパワーアップ!


スーパープラセンタになってバージョンアップ!楽天ランキングも受賞!


5種類もの美容成分を配合!ハリ・ツヤがなくなってきたとお悩みの方へ。


ママ世代や働く女性に人気のFUWARI!サプリだけではなく、同梱資料なども面白いと話題に!


豚プラセンタで元祖のフラコラ!若年層から高年層までファンの多いサプリ!

 

プラセンタサプリを摂る理由は、有用成分「成長因子」のため

プラセンタに含まれている有用成分「成長因子」は「グロスファクター」とも呼ばれ、エイジングケアをしたい人に嬉しい数多くの効果があります。そして注意するべき点は、「成長因子」は動物性プラセンタのみに含まれています。また、「成長因子」は非常に壊れやすいという特徴もあり、プラセンタエキスの抽出方法次第では、この効果が損なわれてしまう可能性もある為、抽出方法はプラセンタサプリを選ぶもっとも重要な項目です。

成長因子を壊さずに抽出できるラエンネック製法とは

ラエンネックとは、日本生物製剤社が長年積み重ねた臨床試験を元に作り出した、医療用プラセンタのための製法です。酵素の種類、量、温度、Ph、反応時間といったいくつもの条件を厳密に定め、胎盤からプラセンタエキスを抽出します。この方法により、有効成分でも特にデリケートな成長因子(グロスファクター)を壊さずに取り出すことが可能です。

プラセンタとは


プラセンタとは、お母さんのお腹の中で赤ちゃんを守り、育てる役割を行う「胎盤」のことです。
胎盤は、お母さんから赤ちゃんへ酸素や必要な栄養素を供給したり、発達途中の赤ちゃんの内臓の変わりに消化や排出を行います。
またホルモン分泌を行ったり病気にかからないように免疫を与えたり赤ちゃんの成長には欠かすことのできないものです。

そして一番魅力なのが細胞の増殖、再生をコントロールすることのできる“成長因子(グロスファクター)”を作る臓器でもあります。
細胞を新しく作るには、この“成長因子(グロスファクター)”はなくてはならないものなのです。

プラセンタ(胎盤)に含まれる栄養成分は?


プラセンタには多くの栄養素に加え沢山の人間が生きるために必要不可欠と言われる栄養成分までもが含まれています。
さらに成長因子は赤ちゃんを育てるだけではなく、大人の弱った細胞を活性化し、免疫力や自然治癒を高めるだけでなくホルモンバランスを整える力もあります。

成長因子

皮膚細胞を若返らせて細胞増殖を促進

たんぱく質・アミノ酸

体の様々な組織を作る構成要素の役目をします。

脂質

一部のビタミン吸収を助ける重要な役割をしてくれます。

糖質

糖質は人間の体にとってエネルギー源となり、特に脳の活性には糖質は必要不可欠です!

ミネラル

体の機能を維持するのに必要で、血液や体液の調整を行なってくれます。

ビタミン

ビタミンは代謝などの体のあるユル整理機能を整え循環するのに欠かせない存在です。
体内では作ることができないため、食事やサプリメントで摂取する必要があります。

核酸

核酸は自己修復、新陳代謝に働きます。
しかし核酸は年齢と共に量が減少し、それが老化へとつながります。
→プラセンタは核酸を含むため、核酸の減少はプラセンタサプリで補給することでアンチエイジング効果が期待できます。

酵素

消化吸収に関わるしょか酵素と、生命活動に関わる代謝酵素の2種類があり、免疫や生活習慣病に密接に関係しています。

活性ペプチド

アミノ酸から構成されており、ホルモンバランスなど体のバランスを整えてくれます。

医療分野で使われるプラセンタはどのように使われているの?


医療機関では、更年期障害や肝機能障害の治療薬として数十年の実績があります。
内科、産婦人科などでも多く使用されていますが、美容外科、皮膚科、整形外科、歯科などでも積極的に使われているクリニックが沢山あります。

美肌に効果のある馬プラセンタの成分とは?


プラセンタには美容成分に欠かすことのできない成分が沢山含まれています。

成長因子

皮膚細胞を若返らせて細胞増殖を促進

アミノ酸

タンパク質、そしてタンパク質の構成要素であるアミノ酸は、いずれも体の様々な組織を作る構成要素という役目があります。

コラーゲン・ヒアルロン酸

皮膚の弾力やみずみずしさを保つ成分が含まれている。

これらの成分が効率的に吸収されることで、お肌の保水力と新陳代謝の活性、しみ、そばかすなのどの原因となるメラニンの抑制に効果的に行われ、潤いとハリ、美白効果を生み出すため美肌に導いてくれます

プラセンタの抽出方法

プラセンタを選定するのに一番の決め手になるのが抽出する工程です。
これによってプラセンタの濃度や品質が決まります。。

  • 胎盤の洗浄
  • プラセンタエキスの抽出
  • ろ過や滅菌、殺菌
  • サプリメントの製造

 

プラセンタの抽出方法は5種類あると言われています

加水分解法

胎盤を特殊な酸に浸け、そこからの反応によってエキスを抽出。
加水分解方で使用する酸の中には比較的強い酸を使用する場合もあり、胎盤の中にある成分を分解・破壊してしまう危険性があります。

これに対して、「超高圧加水分解法」という抽出法は加水分解法によって抽出したプラセンタエキスに高圧を加え、さらに小さな粒子にするというものです。
プラセンタを微粒子化させることによって、匂いなどの問題を解決できます。

凍結融解法

プラセンタの原料である胎盤を急速凍結させ、解凍するという工程を繰り返してエキスを抽出。
比較的低コストでできる方法ですが、この過程で細胞膜が壊れてしまい、有効成分が失われることがあります。

酵素分解法

体内に数多く存在する酵素を活用しエキスを抽出。
コストはかかりますが、凍結融解法のような温度変化を加える必要がないので、有効成分が多く取り出せる方法でもあります。

また酵素分解法には、高い気圧の環境下で実施する「高圧酵素分解法」という抽出法もあります。
高圧を加えることで、滅菌作用と酵素の働きも活性化させることが可能です。

ラエンネック製法

ラエンネックとは、日本生物製剤社が長年積み重ねた臨床試験を元に作り出した、医療用プラセンタのための製法です。酵素の種類、量、温度、Ph、反応時間といったいくつもの条件を厳密に定め、胎盤からプラセンタエキスを抽出します。

抽出されたプラセンタエキスは特殊なフィルターを通して、さらに有効成分のみ取り出します。このフィルターを使用した抽出を分子分画処理といいます。この方法により、有効成分でも特にデリケートな成長因子(グロスファクター)を壊さずに取り出すことが可能です。

このことからも一番濃度が高く品質にもこだわられたラエンネックが一番おすすめですね!

プラセンタの種類


現在市場で流通しているのは豚プラセンタが8割、馬プラセンタが約2割を占めています。
しかし植物や魚由来のプラセンタには成長因子が含まれておらず動物性のプラセンタとは比べものになりません。
さらに羊プラセンタは病気に弱く薬剤やワクチンでの汚染が少なく、国内での反芻動物のプラセンタの製造が不可。海外製品での取り扱いのみとなあります。

ヒトプラセンタ

馬プラセンタ

羊プラセンタ

マリンプラセンタ

植物性プラセンタ

 

馬プラセンタと豚プラセンタの違いは?

きになるのは“効果”“安全性”“価格”になるかと思います。
ここではこの3つに絞って馬と豚について比較していきます。

安全性

まず昔から馬の方が病気への免疫が高いいと言われており体温が高い為寄生虫などの心配もないと言われており、そのため馬刺しなども生食として食されています。さらに国産馬は生育環境も整っており、予防接種やワクチン接種などの病気対策もあまりしないため、安全性は非常に高いとされています。
ですが豚は病気への対策から予防接種などを行います。さらに寄生虫などの心配もある為安全性には少し疑問が残ります。
最近ではSPF豚といわれるものもあり、生育環境を厳しく管理され無菌の状態で飼育されていますが馬ほどの安全性が保たれているかは疑問が残ります。

価格の違い

馬よりも豚の方が比較的に安価という特徴がありますよね?
その理由は次にあります。
馬は人間同じで1回の出産で1頭しか生みません。さらに出産のペースも年1度になるため胎盤もしっかりとしたものになり栄養価が高いといわれています。
しかし豚は年に2回の出産を行い、1度で産む子豚は10頭以上になります。生まれる数が多ければ多いほどプラセンタエキスの抽出量も多くなるのでコストを抑えられるというわけです。

効果

プラセンタには数多くの豊富な栄養が凝縮されています。それにより、美容や健康、そしてエイジングケアなど多くの効果を見ることが可能です。
その中でも最も注目したいのがアミノ酸と成長因子に触れましょう。アミノ酸は体の原料となる物質で、成長因子は細胞の新陳代謝などを促し若返りに大きな効果を発揮するとして、医療でも注目されている物質です。
アミノ酸の量を比較すると、馬由来のプラセンタの方が豚由来のものよりも、アスパラギンやグルタミンを中心に含有量で優れています。製造方法などが同じ条件であれば、その量の差は約1.2倍〜1.5倍になるそうです。
また、馬プラセンタには豚由来にはない6種類のアミノ酸があり、その分栄養価も優れていると言えます。
そして成長因子ですが、これも馬由来のプラセンタのほうが、量も質も優れています。その理由は次の「安全性」でも触れる、馬・豚それぞれの免疫力に由来します。
馬は豚よりも平均体温が高く、病気への高い耐性を持っています。そのため、製造過程で滅菌処理などをする工程を減らすことができ、その分プラセンタそのものの栄養価を損なわずに済むのです。
元々の成分含有量だけでなく、製造過程という面でも馬プラセンタには優れた面があります。

医療界で使われているプラセンタ注射とサプリメントの違いは?


サプリメントでプラセンタを摂取する場合は、体内で吸収されるので注射に比べると効果が現れるまでには少々時間がかかります。
また一般的に注射に比べるとサプリメントを口径摂取した場合は、6分の1程度と言われていますので効果の現れ方は緩やかです。
ですが、プラセンタ注射は毎日受けられず、コストもかかる為なかなか続かないという方も多いのではないのでしょうか。
また、治療目的でプラセンタを打つ場合は保険が適用されますが、美容目的での場合は保険適用外になります。
クリニックにもよりますが1アンプル1,000円〜3,000円ぐらいになります。
そのことからもサプリメントと併用してプラセンタ注射をされる方も増えているそうです。

プラセンタの副作用を教えて

基本的にプラセンタの副作用はサプリメントで健康食品になりますので副作用の心配はありません。
ただし、食品でも同じことが言えますが、人には合う合わないがありますので、お飲みになる際はしっかりと内容成分を見てから飲用するようにしましょう。

しかしプラセンタ注射は別です。
注射剤からの感染症を防ぐ対策として、日本国内の医療機関よりB型肝炎・C型肝炎・HIV等に感染していない健康な産婦からの満期正常分娩の胎盤のみを同意を得て収集。
工場受け入れ時、核酸増幅法によるウイルス試験実施、製造工程中に滅菌操作を行いウイルスの不活化/除去を行っています。
プラセンタ注射の使用されてから40年ほど経ちますが、プラセンタ注射によって感染症を引き起こしたという事実は一件もありません。

しかしヒト胎盤を原料としていることに由来する感染の可能性を完全に否定することはできないとして2006年りプラセンタ注射を受けた方は献血が行えなくなりました。
これは今後のリスク回避、輸血の安全性を高めるための処置とされています。

こう言ったことからも注射ではなくプラセンタサプリメントを選ぶ方が多くなっていることも事実です。

PMSや更年期障害に効くといわれているプラセンタ

こんな症状ありませんか?

  • カラダがだるい
  • めまい・ふらつき
  • 頭痛
  • 冷え性
  • 多汗
  • イライラ

上記で上げている症状の他にも沢山の症状が現れます。
さらにPMSや更年期障害は類似するものがある為、判断もすごく難しいものになります。
まずはいつもと違うと感じた際は早めに婦人科へ相談しましょう。

しかしこれらが起こる原因の一つは、“エストロゲンの減少”にあります。
女性ホルモンであるエストロゲンは、8歳頃から分泌をはじめ、30代頃にそのピークを迎えます。
そして、卵巣の機能低下でその分泌量が減少するのですが、40代半ば頃で減少量が急激に多くなります。

ですが食文化や生活の違いから若年性更年期障害なども多く上げられていることからも若いから大丈夫は禁物です!
さらにこれは女性だけではなく男性にも起こる症状にもなりますので注意が必要です!

まずは日常の生活からセルフケアをすることが大事ですね!

  • 適度な運動
  • バランスの取れた食事
  • 良質な睡眠
  • 禁煙
  • サプリメントの活用

ここでこれらに聞くと言われ医療界でも取り入れられているのが“プラセンタサプリメント”プラセンタで足りなくなった栄養素を補い整えることが重要とされます。

さらに近年注目されているのがエクオール!エクオールとプラセンタの相性は良いと言われており、PMSや更年期障害にはオススメのサプリメントです。
さらにエクオールとプラセンタの違いを大まかに説明すると、“エクオール”は作る=“プラセンタ”は整える役割があると言われています。